オーラソーマ イクイリブリアムボトル50ml B51「クツミ」 [B051]

オーラソーマ イクイリブリアムボトル50ml B51「クツミ」 [B051]

販売価格: 5,720円(税込)

商品詳細

ボトル51番「クツミ」に寄せて…
(泉智子エッセイ 「107のカラフルハピネスストーリー」より)

☆一休さんの遺言って何!?☆
 
ボトル51番は、未来を司る弥勒菩薩(マイトレーヤブッタ)に関っています。
“クツミ”は良い意味としては、『未来を開拓する積極的な戦士』という意味がありますが、悪く出ると“先を先をと予想しるぎるあまり、不安や恐れを抱いている。柔軟性に欠ける”という意味があります。
 
 
*           *
 
 
人間誰しも、未知のものは恐いものです。
しかしながら恐いものを克服するには、両目を開けて、恐い物の正体を見ることでしか切り抜ける事はできません。
 
例えば、“お化け屋敷”が恐いのなら、いつまでも目を閉じて歩いていないでしっかり目を開けてみて「な〜んだ、あまりたいしたことないかも。。。」と思えるまで、お化け屋敷を歩いてみるより他ありません。
乗馬で落馬したなら、自分を振り落とした馬にすぐ乗って「大丈夫」と思えるまで乗るしかありません。
海でおぼれたなら、その場に行って「泳ぐのは楽しい!」と思えるまで泳がないと、克服できません。
スピーチが恐いのなら、恐くなくなるまで人前で何度も話してみるしかありません。
恐怖を克服するには、もっとも恐いと想っている事を、しっかり両目を開けてやり極める他、克服法はないのです。
 
 
*       *
 
 
さらに、人の一生から問題(トラブル)は、決して無くなりはしません。
もし無くなるとしたら、トラブルよりも自分の器が大きくなった時だけです。
トラブルが5点レベルだったとして、自分の器が2点だと、“なんていう大問題だ!”となりますが、自分の器が8点または10点に上がると“なんてことは無い!”
。。。と、なってしまうものです。
では、どのようにしたら、『人間の器』は、点数アップしていけるのでしょうか?
それには、本を沢山読んだり、仕事と関係ないことでもセミナーに出席したり一見関係の無いジャンルの人と沢山交流してみたり、人生の寄り道や無駄道をしてみたり・・・
人間としての人生イベントは一通り経験してみるとか、他の人がもっと喜ぶ事をしてみるとか、何かを学んでみるとか。。。
それらを生涯繰り返し行っていくより他ありません。
 
 
*     *
 
 
そして最後に、不安や恐怖の克服法としては、イエローのまさにプラスの側面である“楽天的”になることもまた、一つの方法です。
かの一休さんは、弟子たちに「これ以上困ったことは無い」という時に読んでくれ。。。
という遺言を残していたそうです。
弟子たちは、借金に負われ、これ以上立ち行かないと言う時にかの遺言を開けると、たった一言
“大丈夫。なんとかなるさ。”
。。。と、書いてあったそうです。
ボトル50番にも書いたとおり、エネルギーはフォーカスしたものの物質化をみます。
だから、“この先、どうなるのだろうか(不安)?”と思えば、不安な事態は実現をみてしまうし、“大丈夫、なんとかなるさ”と思えば、どこからか、誰かや何かが出てきて、本当になんとかなってしまうものです。
 
 
 
 
ボトル51番の“クツミ”が出た時は、自分の『恐怖バロメーター』がどれぐらいの指数を指しているのかを、試されている時なのかもしれませんね。

商品詳細

内容量 50ml
サイズ 横49×縦63×幅29×高さ88(mm)
カラー ペールイエロー/ペールイエロー
シェイクした色 ペールイエロー
google-site-verification=6xEYI6Rlg4315uQjtySw_HzC-i5mjxtKm9h0ZMrsQ3o