オーラソーマ イクイリブリアムボトル50ml B38「吟遊詩人II/識別」 [B038]

オーラソーマ イクイリブリアムボトル50ml B38「吟遊詩人II/識別」 [B038]

販売価格: 5,720円(税込)

数量:

商品詳細

ボトル38番「トルバドール・ボトルII/識別力」に寄せて…
(泉智子エッセイ 「107のカラフルハピネスストーリー」より)

☆“感情”と“反応”を上手に切り離すコツ☆
 
ボトル38番には“識別力”という意味があるのですが、私的にはいまひとつ何を指しているのかが判りませんでした。
そこで、最近読んだ本の中に“これかな?”と思えたものがあったのでご紹介します。
 
誰かに何か頼み事をしたとして、例えば「これ、コピーとってもらえますか?」と聞いたときに「出来ません」とか「自分でやってください」。。。
と言われると、ムカッと頭にきます。
「忙しいのが、見て判らないんですか?」とか「人にばかり頼むのは、止めてください」。。。
とまで言われると怒りを通り越して、もはや悲しくなったりします。
頭にくると、何も言わずにその人の事が嫌いになったり、立場や地位によっては「やれと言ったら、やるんだ!」と、強制したりといった事態になります。
これでは動物と同じ行動になるだけです。
 
(状況)。。
(感情)。。
(反応)。
 
このひとパッケージが瞬時に起こるのが“動物行動”です。
ところが、人間が動物と違うのは、
 
(状況)。。
(感情)。。
(一時停止ボタン)。。
(反応を選ぶ)。。
(反応)
 
といった具合に、(感情)が湧き上がってきたときにうれし泣きや笑いのように、それを瞬時に反応させることも出来るのですが、怒りや拒絶を受けた時のように、すぐに反応せずに“一度よく考えてから”次の行動を選ぶことが出来るのです。
 
例えば、コピーの拒絶にあった時に「何か急ぎの用事や、他の仕事が大量にあるの?」と一言聞いてみると、その人が“怒りの矢をぶつけてきたこと”に、こちらも“怒りの矢を返さずに済むこと”があります。
 
 
*    *    *    *    *
 
 
つい先日ホワイトハウスで、ブッシュ大統領がマスコミに向けて会見中にサングラスをかけた若い記者がいて「会見中にサングラスをはずさないなんて、失礼じゃないか!」と、演説中に怒りをあらわにしました。
そのマスコミ関係者は立ち上がって「すみません。5歳の時の発熱が原因で、私は盲目なものですから」と謝ったのです。
 
 
*    *    *    *    *
 
 
このブッシュ大統領の一例にあるがごとく、人は何かに感情的に反応したときにそれをすぐにアウト・プットすることも出来るのですが、“ちょっと待てよ”と一時停止ボタンを押してから次のアクションを取るだけでも、何と多くの誤解や決裂が避けられることでしょうか?
この“一時停止ボタンを押す事”が、いわゆる『 識 別 力 』をもつことです。
また、ブッシュ大統領の例は、こうとも取れないでしょうか?
その昔、心理テストに“中世の帽子をかぶったマダム風”に見える影絵がありましたが、実は“鷲鼻の魔女”とも見えるのだと言う、有名な心理テストです。
これなどは“人の物の見方は実に千差万別なんだ”という一例です。
ブッシュ氏のように、会見中のサングラスを見て「失礼なヤツ!」と思う人もいるでしょうし、「皆がサングラスをはずしているのに、たった一人だけはずさないなんて 何か理由があるのかな?」と思う人もいるのです。
自分のモノの見方や切り取り方は、いつも正しい訳では有りませんし、時と場所が変われば、今まで正しかったモノもそうではなくなります。
こんな風に“自分のモノの見方は、いつも正しくて、絶対な訳ではないのだ”と、頭に刻んでおくこともまた『識別力を持つ事』といえるのではないでしょうか?
 
 
*    *    *    *    *    *
 
 
さて、ボトル38番には“トルバドールII〜吟遊詩人”という中世の人道主義者の名がついています。
“トルバドール”は、当時の王侯貴族の腐敗政治をポエムの朗読や寸劇にして、上手な形で批判していました。
 
(腐った政治は頭にくる!)。。。
(だから批判してやる!)
と、(感情)。。
(反応)
 
のステップをとるのではなく、
 
(腐った政治は頭にくる!)。。
(でも待てよ、これを何かに使えないかな?)。。
(民衆をひとつにまとめる啓蒙の材料にしてみよう!)
と、(感情)。。
(一時停止ボタン)。。
(ポジティブな反応を選択する)
 
・・・といったプロセスをたどる事も出来ますよ、とこのボトルは提案している気がします。
そして最後に、人を批判や拒絶する時には、あくまでも“目には目を!”といった徹底的に相手を糾弾するスタイルではなく、“批判・拒絶された側も恥をかかないように、逃げ道を創ってあげる”という、トルバドール手法を真似することもまた“識別力”の一つです。
誰かを批判したり、その場で怒る事で、例え一時的には自分が勝者になったとしても、その時相手に味合わせた屈辱感や、恥ずかしさは、後々どんなに埋めようとにも埋めることが出来ません。
感情や怒りを表す事は人間の成長の一環ですが、ここは一歩進んで、上手に“識別力”を使った感情と怒りを表してみたいものですね。

 

商品詳細

内容量 50ml
サイズ 横49×縦63×幅29×高さ88(mm)
カラー バイオレット/グリーン
シェイクした色 グリーン
google-site-verification=6xEYI6Rlg4315uQjtySw_HzC-i5mjxtKm9h0ZMrsQ3o