オーラソーマ イクイリブリアムボトル B103「大天使ハニエル」
ホーム | オーラソーマ(コア製品) > イクイリブリアムボトル(50ml)オーラソーマ イクイリブリアムボトル50ml B103「大天使ハニエル」
商品詳細

オーラソーマ イクイリブリアムボトル50ml B103「大天使ハニエル」[B103]

販売価格: 5,616円 (税込)
数量:  本

ボトル103番「大天使ハニエル」に寄せて…
(泉智子エッセイ 「107のカラフルハピネスストーリー」より)

☆自分が満たされない人ほど、パートナーや子供に完璧を求める!?☆
 
大天使ハニエルのボトルには
、“自分の人生の空洞部分に気付き、それが外側から満たされる事を待ち続けるのではなく、内側から満たすことを助ける”
という意味があります。
今日は、“外側と内側の幸せバランス”について 書いてみたいと思います。
 
いつも良く#103を選ぶ生徒さんで、こんな方がいました。
お金持ちの奥様で、モデル並みの美貌を持ちご自身もご主人と事業を営み、高級住宅地に住む、絵に描いたような“セレブライフ”を送る方でした。
でも現実は、夫の長年の浮気とその果てに出来た“未入籍の子供”の事など、次々に試練の降りかかる、まるで“昼メロ”の主人公のような現実生活を抱えていました。
無論、浮気を繰り返すご主人にも、問題は有ったでしょう。
でも、私的に疑問なのは、彼女が
”外側の幸せ”を整えれば・整えるほど、ご主人の心が離れていった節に。。。
彼女は気付いていたのか!?
という事です。
 
昨日オプラ・ウィンフリーショー(TV)で、独身女性100人をスタジオに招き、“理想の男性と巡り会う”ハウツー本を書いているコメディアン男性をゲストに招き、“男ごころを解明する”番組を放送していました。
100人の独身女性は、次々に“理想の夫に望む101リスト”を読み上げ、“理想のマリアージュ・コラージュ”を披露し、”どのようにしたら、こんな理想の男性に巡り合えるのか!?”とゲストに質問します。
するとコメディアン・ゲストは、”君の望む、年収1憶以上・身長178センチ以上・有名大卒・有名企業勤務か自分で会社経営”の男性は、“理想の妻に望む 101リストに、何を書くと思う!?そして今の君は、その“理想妻リスト”に適合してると思うのかい!?”と、つっこみます。
別にコメディアン・ゲストは、高め理想を次々に掲げる独身女性陣に、”身の程を知りなさい”と言いたい訳ではありません。
 
“男の持っている外的条件さえ手に入れれば、幸せになれるというのは間違いで、どうやったらパートナーと一緒に内的に幸せになれるのか!?それをもっと考えろ!”
 
と、言いたいようでした。
 
どうも、人は自分のことが好きじゃないと、パートナーに“完全な条件”の人を求め、自分の存在を肯定出来ないと、仕事に“地位や名声・高い年収”を求め、自分の内面が満ちていないと、人生に“外側の目に見えた・幸せそうな所有物を揃えること”を求めるようです。
無論、そうではない人も沢山いますが。。。
往々にして、自分の内面に起こっていることは 洋服の表裏のように、外側の世界に投影されて起こるようです。
ボトル#103は、“外側の目に見えた幸せだけ整えないで、ちゃんと心の幸せ:愛とか友情とかパートナーシップ、そしてお金や物質以外に心を満たすことを忘れずにね”と言うメッセージが有ります。
 
ちなみにオプラ・ウィンフリーショーに出ていたコメディアンは、“本命の男を掴み、その人と一生幸せなパートナーシップを営むには、どうすれば良いの?”の質問に対し、
”それはね、愛と・絶えざる励ましと・スキンシップがちゃんと有ることさ”
と、答えていました。
この3つが無いと、男の人は外にその代償を求めるし、逆にこの3つさえ有れば、どんな冴えない男性も、上昇気流に乗るのだそうです。
(日本で言うところの“あげまん”理論と同じかも!?)
 
さて、冒頭に挙げた“モデル並みの美貌の#103を選ぶ生徒さん”は、その後どうなったのかと言うと、程なくして優秀な外科医と再婚しました。
私としては彼女が今度こそ、“同じ間違い”を犯さぬことを祈りたいものです。
商品詳細
内容量:50ml
サイズ:横49×縦63×幅29×高さ88(mm)
カラー:ディープオリーブグリーン/ディープマゼンタ
シェイクした色:ディープマゼンタ