オーラソーマ イクイリブリアムボトル B41「知恵のボトル/黄金郷」
ホーム | オーラソーマ(コア製品) > イクイリブリアムボトル(50ml)オーラソーマ イクイリブリアムボトル50ml B41「知恵のボトル/黄金郷」
商品詳細

オーラソーマ イクイリブリアムボトル50ml B41「知恵のボトル/黄金郷」[B041]

販売価格: 5,720円 (税込)
数量:  本

ボトル41番「ウィズダムボトル・黄金郷(エルドラド)」に寄せて…
(泉智子エッセイ 「107のカラフルハピネスストーリー」より)

☆暗闇に光る“黄金郷”の見つけ方☆
 
先日アメリカの人口が3億人を超えました。
39年前は2億人だった人口が、急速に増えたのは先進国の中でも、異例の出生率の多さ(1家庭当たり2.1人の出生率)が有るからだそうです。
またUSは一般的に家がひろく、経済的にそんなに無理しなくても、広い一軒家が手に入る事や“パタニティーリーブ”と呼ばれる、父親の“育児休暇”が病気休暇なみに取りやすい事、夫が育児は『当然の楽しみ&歓び』として、妻とその負担を50%ずつ共有している事などが幸いしているようです。
 
そして何より私が驚いたのは、アメリカでは国民の65%程度の人が「現在の生活に幸せを感じている」と答え、この国の未来に対して、非常に楽観視しているということです。
ちなみにこの“幸福指数”アンケートは、先進国20カ国のデータが出ていましたが、アメリカは、フランス・ブラジル・イタリアなどの楽天的・ラテンな国々を抑えて堂々の第一位!
最下位はロシア、ブルガリアなどの8%台の回答。
そして、悲しい事に日本は“幸福指数アンケート”の上位20位にも入っていませんでした。
 
 
*   *
 
 
そこで今日は、私なりに観察した“アメリカ人的幸福の感じ方”について書いてみたいと思います。
 
 
幸福に至るヒント1:笑うチカラ
先日来、日本の全国の高校で世界史の履修時間が足りないが為に卒業が危ぶまれると言うニュースが有りました。
それを苦に、自殺を図った校長先生が何名かいらっしゃいましたが、日本人特有の責任感の強さとシリアスさ故の事件だなあと思いました。
アメリカだと同じ事が起こっても、おそらく校長は
「君たち、卒業後に世界史履修キャンプをしよう! 校長のランチ&ディナーの炊き出しつきだぁ〜!」
と楽しみながら解決する気がします。
 
苦しい時、落ち込んだ時、嘆きの時は、何とかしようと流れに竿をささずに、天に任せてしまう事。
映画”風と共に去りぬ”の名セリフではありませんが、
 
『昨日や今日がなくなっても、明日がある!』
 
と、闇の中でも絶えず明かりの有るほう、明かりの有るようを目指して歩くのが、アメリカ人は圧倒的に得意なのだと思います。
きっとソレができたら、日本でも年間3万人の自殺者は減るのではないでしょうか?
 
 
幸福に至るヒント2:変化を恐れないチカラ
アメリカではコンピューターの普及率が高い事もあって、70代や80代の方でも平気でデジカメ写真をコンピュータでスキャンしてCDロムに焼いてくれたりします(私は、出来ない。。。)
「昔は良かった」とか「今の若いモンは。。。」なんていうセリフは、アメリカの年長者はほとんど言いません。
変化についていけなくて、昔を懐かしんでいた生物は、歴史上絶滅してしまいました。
今までと違う事が訪れたなら
 
“変化はチャンス!
“面白い!”
 
。。。といって、サーフボードに乗ってしまった方が後に振り返ったときに、自分は大きく成長しているのではないでしょうか?
 
 
幸福に至るヒント3:シンプルにするチカラ
日本人は、アメリカが作った車を小型化したり、ハイブリット化したりと、どうも派生させたり複雑化するのが得意なようです。
ところが、アメリカは冷蔵庫大あったコンピューターをデスクトップ化したりといった、シンプル化の方が得意な気がするのです。
家や車もドンドン売って手放しますし、
 
“所有欲にとらわれない事”
“物にしがみつかない事”
“人生を複雑にしない事”
 
が得意な気がします。
 
 
*   *
 
 
さて、こんな風に書いたからといって、私は手放しに「アメリカは素敵だ!」と思っているわけでは有りません。
日本を離れて初めて「日本って良い国だったんだなぁ〜」と、しみじみ思う事は沢山有ります。
 
そろそろ話をボトル41番に戻すと、41番には“黄金郷”の別名があります。
 
LAに半年暮らして判った事は、どの国にもプラスとマイナスが有って、どこに住んだとしてもそこが“黄金郷”になるには、自分で固執していた捕らわれを手放して、知恵を使って新しいチャンスを受け取るより他はないのだということです。
ここLAは海も山もあるのに、
「肌が焼けちゃうし、シミが出来るから。。。」
と、アウトドアを拒んでいたのでは“宝の持ち腐れ”です。
 
車社会で車が無いと何も出来ないので、
「私は東京やNYみたいな公共交通機関が発達した都市が良いの。。。」
と、車を拒んでいたのでは“陸の孤島に住んでる”ようなものです。
 
自分を取り巻いている環境に
“嫌だ・嫌だ”
“他の環境だったら良いのに”
ばかりを言ってばかりいないで、まずは、その環境を素直に受け取ってみよう!・この環境が得意な部分を試してみよう!・外の世界を変えるのではなく、自分の内にある常識や捕らわれを変えてみよう!
 
。。。そんなメッセージが、このボトルには有る気がしています。
たった今テレビを見ていたら、アメリカで”第二のタイガー・ウッズ”と目されるゴルフの天才少年の話が写っていました。
赤ちゃんの時に、目の癌をわずらっていて片目を失明している5歳児の男の子ですが、度重なる手術の為に外出が出来ず、病室で片目視力の強化も兼ねパター遊びを毎日繰り返しているうちに天才的なゴルフの素養と勘が育ったらしいです。
これぞまさしく!
暗闇に黄金を見出す“黄金郷”人生ですよね。
商品詳細
内容量:50ml
サイズ:横49×縦63×幅29×高さ88(mm)
カラー:ゴールド/ゴールド
シェイクした色:ゴールド