オーラソーマ イクイリブリアムボトル B19「物質界に生きる」
ホーム | オーラソーマ(コア製品) > イクイリブリアムボトル(50ml)オーラソーマ イクイリブリアムボトル50ml B19「物質界に生きる」
商品詳細

オーラソーマ イクイリブリアムボトル50ml B19「物質界に生きる」[B019]

販売価格: 5,616円 (税込)
数量:  本

 

ボトル19番「物質界に生きる」に寄せて…
(泉智子エッセイ 「107のカラフルハピネスストーリー」より)

☆レッドとブルーをバランスして生きるって、どんな事!?☆
 
4月13日は、ここアメリカではキリストが亡くなった日であり、翌々日の15日は復活祭〜イースター〜でLAに到着するなり3連休となりました。これを機会に週末はラスベガスでちょっとした休暇を楽しんできました。
ラスベガスは、オーラソーマで言うところの“赤い街・第一チャクラの街”です。
人々は24時間 スロットマシーンやバカラに明け暮れ、ショッピングやグルメ、SEXといったまさに赤いマグマのようなエネルギーが渦巻く砂漠の蜃気楼のような街です。
 
そう言えば、最近読んだ飯田史彦さんの近著“ツインソウル〜死に行く私が体験した奇跡”(PHP研究所)という本の中で、脳出血で一度は死にかけた飯田さん自身が24時間に及ぶ臨死体験の中で、こんな事を語っていました:
 
“魂が肉体から離れるとき、問われることはたった3つの事柄です。
それは、この人生で自分はいかに愛したか、学んだか、いかに自分の使命を全うしたか、という事。
それ以外の物質的成功や名声は何の意味も持たない。だいたい肉体を持たないと痛み・苦しみ・悲しみ・嫉妬・羨望といった、ネガティブな想いを抱かなくなるし、同時に喜び・楽しみ・笑い・幸福感を体感することも無い。ここ3次元世界に生まれるということは、肉体や物質を通じて愛や学び・自己実現を学ぶことである”
 
飯田さんが言うように、3次元世界特有の現象として、病気や失業など痛みや苦しみを味わうと私たちはようやく自分に嘘をついていた生き方を止めるようになったり、人生の仕切り直しをしようとします。
ところが、幸せや笑いに溢れた人生の中から、個人が何かを新たに自己実現したり、豊かで有り余るお金がある中から本当の愛を見出し、維持するのは実は難しいものです。
 
 
*  *  *  *  *
 
 
幸せから何かを学んだり、自己成長を遂げるのって本当に難しい事なんでしょうか?
その答えとしては、ハッピーな残存思念を活用すると、幸せな中にあっても成長や自己実現を遂げられるのだそうです。
残存思念というのは、例えばディズニーランドやクルーズ船のように沢山の人々の“嬉しい”“楽しい”という想いが残っている場所に行くと誰でも、笑ったり幸せ体験を体験しやすくなります。
ところが、アウシュビッツ収容所や元戦場の跡地にビルを建てると、そこに残る苦しみや悲しみのせいで、居住者の間に喧嘩が絶えなくなったり何故だか事業が上手くいかなくなるのだそうです。
だったら今後、万が一自分が入院したり亡くなるときは“笑いの絶えない”病院やお医者様を選べば、痛みや苦しみは少なくなります。1日何かを学んだり働いたりするなら、人々の苦しみや悲しみに立ち会うよりも歓びや楽しみに立ち会うほうが自分をはるかに愛せるし自己実現も早まるのではないでしょうか?
 
さて、ここLAに居ると日本が持っている“頑張ろう”“努力しなくちゃ”“一生懸命やらなくちゃ”。。。というサバイバルにまつわる『赤い波動』を感じることがありません。“自分にしかないユニークな個性を生きよう”“もっと楽しまなくっちゃ”“肩の力を抜いて”といった波動に溢れています。
きっとアメリカの国旗の中には、レッドだけでなくブルーが含まれているからなのかも知れません。
商品詳細
内容量:50ml
サイズ:横49×縦63×幅29×高さ88(mm)
カラー:レッド/パープル
シェイクした色:マゼンタ
アファメーション:わたしは人生に「イエス」と言います。