オーラソーマ イクイリブリアムボトル B11「花の鎖/エッセネボトルI」
ホーム | オーラソーマ(コア製品) > イクイリブリアムボトル(50ml)オーラソーマ イクイリブリアムボトル50ml B11「花の鎖/エッセネボトルI」
商品詳細

オーラソーマ イクイリブリアムボトル50ml B11「花の鎖/エッセネボトルI」[B011]

販売価格: 5,616円 (税込)

 

ボトル11番「花の輪」に寄せて…
(泉智子エッセイ 「107のカラフルハピネスストーリー」より)

☆花のオーラをダウンロードするって大切☆
 
昨年末から芸能界のみならず、カラーセラピスト養成講座にご参加の生徒さんの間でも、いつにない結婚&出産ブームが到来しています。
“年頃の生徒さんのご参加が多いから”と言ってしまえばそれ迄ですが。。。
 
天変地異が続くと“種の保存”の原理が働くらしく、かの9・11のテロ事件の直後にも全米で結婚&出産率が上昇したのだとか。
さらに今時は、女子大生も卒業後の進路希望として“専業主婦になって、好きなコトをアクセクせずにやりたい”という人が多いらしいです。
どうも、男女雇用均等法とか団塊の世代に生まれた母親が、キャリアも家庭も!とセカセカ生きてきた姿を反面教師としているのだとか。そんな訳で、今年は益々結婚&出産ブーム!もっと言えば“男は男らしく・女は女らしく”というフェミニンへの回帰が起こります。そんな時代は花柄や、フレアースカート、キャミソールなどエアリーで女性的、繊細で思わず“守ってあげたい”と思わせるファッションや素材がブームになるのだとか。。。。
 
 
“そうは言えども、急に花柄着ろって言われてもねぇ”
 
 
と首をかしげるアナタなら、ちなみに生花を一年中、お部屋に絶やさないよう心がけてみてください。かのDr.コパも言っていましたが、生のお花は「華のあるフェミニン・エネルギー」をお部屋に漂わせてくれるそう。出来れば、自分を花に例えたときに“なりたい花”を飾ってみるのも良いですね。
バラや百合といった一本でも存在感のある花なら『華』のあるオーラをダウンロード出来そうだし。スミレやかすみ草のように可憐で集団で存在する花なら協調性や謙虚さのオーラが飾っているうちにそれとは知らず習得できそうです。
 
そして、もう一歩進めることが出来るのなら、やはり女性に生まれたからにはやっぱり美しい花の色を日ごとに着てみるのが一番です。道ですれ違う女性が、土や泥色(=黒・茶・グレーなど)ばかり身につけているのを見ると本当に世の中殺伐としてるなぁ〜と思います。
 
最近、犯罪を犯す子供たち“17歳問題”の影には、その両親世代が“カラス族”と言われる黒ずくめファッションの時代だったからという意見もあります。
親の気分がモノクロームだと、産まれてくる子供たちの情緒も、益々ニヒルで冷めた低体温体質になってしまうものです。
私たち女性一人ひとりが、ちょっと意識して毎日いろんな色を着続けると、男性が、子供が、そして世の中全体も、もっと優しいオーラに包まれるんじゃないでしょうか。
“花の輪”ってきっと、私たち女性の意識がほんの少しでも、フェミニンエネルギーに傾くことで未来の天変地異や終末思想でさえ塗り替えられると言うことなのかもしれません。
 
 
*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*
 
 
野に咲く花の一つ一つが、森の木の一本一本が、空を飛ぶ小鳥の一羽一羽が違うように。
 
道端にころがる石だって、どれ一つとして同じものはない。
 
だからこそ、世界は美しくよいものなのだ。
 
だれかの真似をして生きたり、皆と同じように生きようとするのは間違っている。自分は自分だ。
 
その自分を見つけ出し、自分の人生を生き、自分の人生を死ぬ。
 
それが私たちの使命なのだ。(ヘルマン・ヘッセ)
商品詳細
内容量:50ml
サイズ:横49×縦63×幅29×高さ88(mm)
カラー:クリアー/ピンク
シェイクした色:ペールピンク
アファメーション:私はありのままの自分を愛します。